読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるすぺいす遍在

仕事がらみや物書きの勉強したことや、日々雑感

ツールの概要調査 雑記

仕事でざっくり調べたことを記録しておきます。

断定口調になってますが、実際にすべてを試したわけじゃないので、実際は「調べてみたところ~らしいですよ」ってところ。

 

■Entity Framework

.NET Frameworkに含まれる、データアクセスに関わるフレームワークです。

 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb399567(v=vs.110).aspx

 データベースを.NET上で扱いやすいようモデル(EDM)化します。
モデルを元に、データベースのテーブルを抽象化したクラスがフレームワークによってつくられます。
そのため、プログラマはクラスのプロパティやメソッドを操作する感覚でデータベースに格納したデータの検索や更新が行えます。

さらに、モデルはデータベースのテーブルそのものではなく、データベースの都合上でどうしても必要になってくる中間テーブルなどを意識する必要がない形で構築できるため、プログラマが直感的なデータ操作ができるようになっています。
具体的な例を挙げると、「店舗」テーブルと「商品」テーブルを関連づける「在庫」テーブルをプログラマが意識する必要がなくなります。
SQLでJOINを行うといったことが不要になる)
プログラマは「店舗」クラスのオブジェクトが複数持っている「商品」クラスのオブジェクトを直接操作でき、その結果をSQLを使用せずにデータベースに反映できます。

 


ClickOnce

Windowsアプリケーションのインストール・アップデートに関する仕組みです。

 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/t71a733d.aspx

 Visual Studioからアプリケーションの発行を行う際にClickOnceが使われています。

Windowsインストーラーと比べてシンプルで柔軟なインストールが可能で、アプリケーションのアップデートも簡単に行えるようになります。

・シンプル:インストール時にウィザードであれこれユーザに問わない
・柔軟:CDなどからのインストール、Webからダウンロードしてインストールなど、複数の形式に対応

また、ユーザがアプリを起動した時に、アプリが自動でアップデートがあるかを探しにいきます。
ベンダーはサーバー(ユーザーのイントラネット上でも、外部のWeb上でも可)の指定場所に最新バージョンを配置するだけでよく、ユーザー、ベンダーともにアップデートの手間が軽くなります。

 


■Flyway

データベースのバージョン管理や移行をサポートするツールです。
(DBマイグレーションツール)
海外産のオープンソースのツールです。

 https://flywaydb.org/

 データベースへの変更(変更するSQLファイル)を都度バージョン記録して
います。データベースの変更によって不都合が生じた場合に、DBを過去のバージョンの状態に簡単に戻すことができます。

別環境に、指定したバージョンの状態のDBを簡単に再構築できます。

Java動作環境(JVM)で動作するようで、同じ環境で動作するビルドツールなどと連携させて使用することが多いようです。
Flywayの操作をビルドツールのスクリプトで自動化したり、Javaコードで作りこむことができるようです。